がんの転移について知識を深めていきましょう~ナヤミ解消~

先生

悪性腫瘍の移動

病院

腫瘍が出来る仕組み

がん細胞が作られる仕組みとしては、人間の体内には数多くの正常細胞が存在しており、その中の1つの細胞に異変が起こって、その異変が起こった細胞が生き残って細胞分裂を起こす事によって、増殖します。その増殖した細胞がいずれ塊となって、腫瘍となり、その腫瘍が悪性に変わる事によってがん細胞が生まれると言われています。そのがん細胞ができている部位以外の場所に移る事を転移と言い、この転移が骨や脳などに起こってしまうと最悪死に至る場合があるため、普段からがん検診を定期的に行う事が大切だと言えます。また、1度がんにかかって、治療した後も別の場所に再発が起きたり、転移している可能性があるため、検診を受ける必要があります。

骨にできた腫瘍

よくがん細胞が骨に転移してしまったら治療が行えないと言われていますが、それは骨の転移に関する専門の医師があまり存在していない事が理由となっています。また、骨にがん細胞が転移してしまった場合には、初期からは気付きにくく、発見された時にはもうすでに進行していたという事も理由として挙げられます。実際に骨に転移したがん細胞のみでは命に直接関わるといった場合は少なく、そのがん細胞が進行する事によって悪化し、悪化した物が命に関わる可能性が高くなってしまう事が言われています。脳腫瘍においても、初期の間であれば手術で切除して完治をする事が可能であるという事が分かっており、悪化が進むと大きくなり、その大きくなったがん細胞が危険な物であるという事が言えます。

卵巣に起こる病気

自然

卵巣がんは症状に気づきにくい病気で、大きな異変に気付いたときには転移していたということも少なくありません。出産経験が少なかったり遺伝性が強いことも原因になるので、女性は気を付けなければいけません。極力負担を抑えていくには、定期的な検査で卵巣の状態を確かめることができるので、積極的な診察が大切です。

» 詳細を読む

胆のうの治療

Female

胆のうの病気には、胆のうがんや胆管がん、胆石症などがある。いずれの病気も消化器科の病院で治療することができる。胆のうがんは60才以上の女性に多いので、高齢者は定期的に健康診断を受けることが、胆のうがんの予防につながる。

» 詳細を読む

中高年の男性は注意を

Male

日本人の欧米化が進むことによって近年増加傾向にあるとされているのが前立線がんです。また、社会の高年齢かも増加の要因と考えられているのでこれからも増加することが予想されています。前立線がんは病状が進んで転移してしまうまで自覚症状が現れないことが多く、早期発見には定期的な検査が大切です。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 がんの転移について知識を深めていきましょう~ナヤミ解消~ All Rights Reserved.